引越しの仕事のやり方は周りの人たちの動きを目で盗んで覚えるの詳細

> 引越しの仕事のやり方は周りの人たちの動きを目で盗んで覚える

引越しの仕事のやり方は周りの人たちの動きを目で盗んで覚える

全ての引っ越し会社がそうとは限りませんが、実際に精神面・肉体面の両方においてハードな職場も多いのが、この業界の現状です。
とにかく仕事をこなせて初めて人間扱いしてもらえる…初対面だと、まともな挨拶などないどころか、ぞんざいな扱いすら受けるのは当たり前です。
そこは仕事をこなせるようになるまでは、とにかく歯を食いしばるしかありません。

この業界も例外にもれず、時間勝負です。そのため、先輩たちも自分たちのその日その日の仕事を、予定通りこなさなければなりません。
小さい荷物の梱包から、大きな家具や電化製品の運搬に至るまで、1件の引っ越しをこなすためにも、たくさんやらなければならないことがあります。
時には、それを1日複数件こなすことも頻繁にあります。

ですから、先輩たちは手取り足取り教える余裕がありません。
先輩から「分からなかったら聞け」と言われて、分からないことがあったのでいざ聞いてみると、「何でこんなことも分からねぇのか!」と言われたりすることもあります。
さらにモタモタしていると罵声だけでなく、ときには拳や蹴りも飛んでくることもあります。
それだけ殺気立った職場も少なくありません。

そのような職場もあることを覚悟の上で、それでもあきらめずに、前向きに仕事に励みましょう。
先輩たちから、どんなに罵声を浴びせられても、はきはきとした受け答えをしましょう。
また、周りの人たちの動きを目で盗んで、自分にも手伝えることがあったら、どんどん積極的に先輩たちを手伝いましょう。
どんなつらいことがあっても凹まずに、トライ&エラーを繰り返しながら、周りから「使える」人間と見られるよう、邁進していきましょう。

人間、生きている間、いろいろと理不尽なことに出くわすことが多いかと思います。
しかし、このハードワークを乗り切れば、世の中の清濁を併せ呑める、一回り大きな人間に成長できるかもしれません。
人生勉強も兼ねる意味合いも込めながら、ぜひチャレンジしてみて下さい。