引越しのアルバイトをするならこのサイト!

引越しのアルバイトについて経験者に聞きました!

引越しのアルバイトは時給が高くて、短期間で稼ぎたい人にはぴったりですが、体力的にきついイメージがあります。実際に引越しアルバイトの経験のある方から良かったことや大変だったことを伺いました。つらいこともあるけどやりがいのある仕事のようです。女性であれば重い荷物を運ばない梱包のお仕事もあるそうですよ。

引越しのアルバイトでおすすめのアルバイト求人情報サイト5社徹底比較

エントリーNo.1「マイナビバイト」

「マイナビバイト」は、株式会社マイナビが運営する求人情報サイトです。

●関東エリアの求人数例(2015年11月現在)
⇒短期・単発バイト
○1日のみ:4,325件
○1週間以内:5,061件
○1か月以内:11,098件
⇒高収入・高時給バイト
○時給1200以上:26,629件
○日給1万円以上:2,274件
○月給25万円以上:1,178件

●マイナビバイトの独自の指標で求人企業の情報が分かる
・多い年齢層
・男女比
・みんなの性格
・人数


●楽ピタ!サーチで希望の求人を検索できる ○希望する検索条件⇒(勤務地・職種・路線・駅・給与・シフト・期間・時間帯・雇用形態・こだわり条件・フリーワード
※面倒な入力を、何度もする必要はありません。

エントリーNo.2「バイトル」

「バイトル」は、ディップ株式会社が運営しています。全国86,000件の求人情報を掲載する日本最大級の求人情報サイトです。

●関東版求人数例(2015年11月現在)
⇒短期・単発バイト
○1日のみ:4,867件
○1週間以内:515件
○1か月以内:2,574件

●ネットならではの機能が満載
・職場やスタッフの雰囲気が伝わる動画情報
・応募バロメーターで応募状況が分かる
・自宅や駅近くの仕事を地図検索

●応募方法が選べる
・フリーダイヤル応募(通話無料)
・Web応募(24時間対応)
・動画応募(応募先へ動画でアピール※一部未対応の仕事もあります)

エントリーNo.3「ジョブセンス」

「ジョブセンス」は、株式会社リブセンスが運営する求人情報サイトです。次世代の転職サイトとして、大手転職サイトに迫る勢いで急成長中です。

●東京エリア総求人数34,242件中/
⇒特徴条件検索求人数例(2015年11月現在)
○日払いOK:837件
○週払いOK:2,071件
○週1勤務からOK:1,901件
○高校生OK:1,706件
○茶髪・ピアスOK:2,696件
○年齢不問:2,478件
○未経験可:24,828件

●求人掲載料無料
採用が決まったら費用が発生する成功報酬型により、多くの求人が集まっています。

●お祝い金制度
求人が決まると、お祝い金がもらえるということで、多くのユーザーが集まり、サイトが繁栄するきっかけになりました。

エントリーNo.4「フロムエー」

「フロムエーは」株式会社リクルートホールディングスが運営する求人情報サイトです。

●東京エリア総求人数38,873件中/
⇒特徴条件検索求人数例(2015年11月現在)
○週1OK:5,867件
○日払い・週払いOK:10,746件
○高校生OK:3,862件
○未経験OK:33,739件
○髪型自由:5,994件
○土日祝のみOK:5,483件

●豊富な検索方法
地域・職種・時給・勤務日数などの定番な条件検索以外にも、下記のようなユニークな条件で検索ができます。
・人に喜ばれる仕事
・コツコツ行う仕事
・外国語と触れ合える仕事

●運営のプロだから信頼できる
リクルートは、ほかにも「リクナビ」や「タウンワーク」など多数の求人情報サイトを運営しています。豊富な経験とノウハウで、担当者がきちんと管理しているので、信頼できる求人情報だと言えるのです。

エントリーNo.5「タウンワークネット」

「タウンワークネット」は、株式会社リクルートホールディングスが運営する求人情報サイトです。 企業は、タウンワーク本誌と同時に、無料で「タウンワークネット」に求人情報を転載でき、フリーペーパーと併せ、幅広くユーザーにアプローチできることから、他社の約2倍のユーザー数を誇っています。

●東京エリア(さらに細分化して検索できます)
⇒特徴条件検索求人数例(2015年11月現在)
○日払いOK:14,719件
○週払いOK:14,743件
○週1からOK:8,541件
○高校生OK:11,135件
○茶髪・ピアスOK:114件
○年齢不問:4,030件
○未経験可:6,172件

●地元主流だから求人を探しやすい
他社求人誌の多くが、広範囲地域の募集内容であるのに比べ、タウンワーク本誌は地元主流であるため、ピンポイントで仕事を探すことが出来ます。

●豊富で多彩なアプリ
スマートフォンのWebサイトで展開するさまざまなアプリのほか、電子書籍アプリからタウンワーク本誌の閲覧ができます。

まとめ

いかがでしたか? 求人情報サイトの特徴はそれぞれですが、確かに目移りしてしまいますね。 とにかく気になったらどんどんエントリーしていくことが得策かもしれません。 手軽に検索して使いこなすことこそ、最大のコツと言えます。

引越しアルバイト体験談

見出し

1.重い荷物運び

普通に運べる荷物はいいけれど、やっぱり箪笥とか重いものだと腕とか腰とかすぐ痛くなっちゃうから なかなか体力がないと大変ですね。 あとは荷物も大きなものとか壊れやすいものは扱いに気を配らないと危険ですからね。 万が一壊してしまったりすると申し訳ないとしか言いようがないのもつらいです。 体力と慎重さがないと引越しのアルバイトはきついです。

2.アルバイトとしては給料がいい

アルバイトとしては給料がいいのが最大の魅力です。 色々なアルバイトを経験してきましたけど、300〜400円くらい時給で違った感じですね。 これだけ大きなお金があったから、かなり長い時間仕事を続けられたんだろうなと思っています。(2年ほどやりました) ちょっと肉体的な面などで辛くても、その分が給料に跳ね返ってきますのはやっぱり魅力的ですね。

3.筋力がアップ

大学生の時に夏休みに引越のアルバイトをした経験がありますが、これが本当に大変でした! 初めてする肉体労働系の仕事は本当にしんどくて、 汗はだくだく出るは、仕事の段取りが掴めずまわりに迷惑をかけるは、初日なんて地獄そのものでした。 でも、なんとかやりきろうという思いだけで、契約期間の一ヶ月をやりきった後は自分でも驚く位筋力がアップしてました!初めなんて懸垂3階するのがやっとだったのに アルバイト後は15回できるようになっていた事に気付いた時は、「あの時はきつかったけど、続けられて本当に良かったな」とつくづく感じました。 そして、短期集中で稼いだお金で、ちょっとだけ自分にご褒美を買ってあげれたのも引越しバイトをして良かったなーと感じた事です。

4.早朝や深夜の引っ越し作業

早朝や深夜の引っ越し作業がキツかったです。転勤が決まり急いで引っ越ししなければならない事情があるのは分かりますが、早朝や深夜になるとあまり騒音をたてられないので、いつも以上に気をつかいます。アパートやマンションの上の階だったら、部屋を歩き回るスタッフの足音にも注意しなければなりません。こちらが充分気を付けているつもりでも、たまに他の住人にクレームを言われたこともあります。そう言うときはいつもより疲労していました。

5.仕事終わりの爽快感

体を思いっきり動かすので、仕事が終わった後に爽快感があるのが引越しのアルバイトの良いところです。 クタクタになってしまうこともあるのですが、仕事をしたなと実感することが出来ますし、自然と体が引き締まるのでダイエットをする必要がありません。 やっぱり汗水たらしてお金を稼ぐことが出来るのはいいことだと感じます。 引越しのアルバイトは人の役に立つ仕事ですし、体を動かしがいがありますし、頑張った分だけ充実感が得られます。

6.エレベーターがないマンションの引っ越し

学生の頃、引越しのアルバイトをやりました。 日通に知り合いがいたので3人でユニホームに着替えて帽子をかぶっての作業です。 大変だったのは4階のマンションの引っ越しでした。 まずエレベーターがないので歩いて運んだものです。 冷蔵庫や洗濯機が大変でした。 これは運転手さんが背負って運んでくれました。 私たちは軽いものが多かったですが、階段の上り下りが大変でした。 うれしかったのは引っ越しが終わった時に、雇用主からご祝儀をもらったことでした。 当時の千円はいまの5千円くらいに該当する価額です。 ラーメンやたぬきうどんが30円くらいの時代です。

7.家具の置き場

引越しの作業で困ったのは、荷物をどこに置くべきか家主に確認することでした。最近は荷物の運搬をスムーズにできるように表を作成したりしてもらうのですが、引っ越しまでに日にちが無い時などは表を作成するまでに至りません。そんな時、家主は荷物を運搬するときに、どこに置こうか迷う人が多いのです。それを待っていると荷物の搬入が遅くなります。また一つ一つ家具の置き場について確認をしなくてはいけないので、気を使いました。

8.高級家具が多いお宅

一般家庭の引越ならそんに緊張する事はないのですが、高級家具が多いお宅の引越だと、荷物を運んでいるときに傷つけないかどきどきしながら運んでいました。重い家具は基本的に男性スタッフが運んでくれるので女性の私が触れることはなかったのですが、高級家具が置かれた場所を通過するときに、慎重になりました。箱や固い花瓶類の先がソファなどを傷つけないかが一番気になった点です。優しいお客様が多かったので、終わってから飲み物を出してくださったり、ありがとうございましたと、とても感謝をしてくださりました。

9.派遣での雇用

直接雇用ではなく派遣での雇用形態だったのですが、引っ越し業者がひどかった思い出があります。マンションが引っ越し先だったので段ボールをもって階段をのぼり、段ボールを持って階段を下りるのような作業を黙々と行っていました。動くのが遅かったら引っ越し業者の人にバイト君おそいよ、と言われるのであまりいい思いはしませんでした。

10.ご祝儀を頂けた

引越しは、それぞれの家庭に幸せを運ぶような仕事だと思います。それぞれのお宅から 次の引越し先にお客さんの夢を乗せて向かい新たな人生を送るお手伝いが、一つの仕事を終えた後に、すごい達成感がありアルバイトとしては たいへん充実しております。もちろん、エレベーターのない建物から、またエレベーターのない建物への引越しは肉体的に大変きついが、作業終了後にアルバイト代以外に、お客さんからそれ以上のご祝儀を頂けたことが良かったこと、また、長距離の引越しで犬の移動も頼まれたとき、ひざ元で犬に車酔いでゲロをされたことが大変でありました。

11.暗黙のルール

お客様によっては謝礼金のようなものをくださる方がいます。 会社からもそれは個々にもらっていいことになっているのですが、現場のリーダーの方が一括してもらった場合は、そのまま他の作業員には配られないことが暗黙のルールとなっていました。 自分が他の作業員の分まで一生懸命頑張って、お客様にも気に入られていたとしても、リーダーがすべて取ってしまうので納得はいきませんでした。 お客様は全員分配っているという意識でいるので、申し訳ないような気もします。

12.意外と移動がきつい

移動中トラックの狭い空間に3人ぎゅうぎゅうに座るので結構キツイです。 引っ越し作業後なので夏場はかなり汗の臭いがする方もいます。 引っ越し先が遠い場合は、かなりの我慢が必要です。 下っ端はだいたい真ん中に座らなければいけないので、むやみに寝ることもできません。 狭い空間なので沈黙でも気まずいですが、その日によってメンバーは違うので、話がないということも多いです。 作業に入ってしまえば大丈夫なのですが、あの移動空間は我慢だなと思っていました。

13.精神的にきつい現場

私は以前、某有名引越し業者Y社にてパート勤務をしていました。事務員でしたが、人手が足りない時には荷造り要員として駆り出されることも多々ありました。上司のおばさんと一緒に独身男性の引越し荷造りをしに現場までくりだしたのですが、荷物の多いことで非常にびっくりしました。おまけに荷物のほとんどが本というか漫画本で、いやらしい感じの漫画本もたくさんありました。目のやり場も足の踏み場もなく、おまけに本はかさばるとそれなりに重いので、気持ちもなかなか沈みました。避妊具とかも大量に無造作に置いてあって、嫁入り前だった私にはなかなか精神的にきつい現場でした。おばさんと二人でよかったなぁと心底思いました。

14.監視しているお客さん

大変だったことも良かったことも、依頼主さんがどういう人かによって、でした。食器や衣類や雑誌など、小さなものから全部荷造りして運搬する「おまかせパック」を専門にバイトしていましたが、このタイプのお客さんはお金持ちが多くて、たまに差し入れなんて下さったんです。だけど、作業をしているそばに居て、みんなの手元をずーっと監視しているお客さんだとこちらも最初からビクビクものです。そういう依頼主さんって、神経質で気難しい事が多くて。陶器の包み方や、本を段ボールに入れる順序にまで注文をつけられ、仕事は進まないのにクタクタになる・・・ということが何回かありましたね。

15.移動の間も時給が発生する

引っ越しのアルバイトでは現場から現場への移動の間も時給が発生することが多いです。 そんなに遠くの現場同士を移動することはあまりありませんが、作業時間と移動時間がほぼ同じになるような時もけっこうあります。 私がバイトをしていたところでは移動時間は別に寝ていてもよかったので、移動時間が長ければ長いほど得をした気分になりました。 肉体的にきつい作業ではあるのであまり連続しては勤務できませんでしたが、おいしいバイトだと思います。

16.腰を痛めた

引っ越しのアルバイトを大学生の頃にしていて、若いのに腰を痛くしてしまいました。それが10年近くアルバイトをしてからたった今でも時折腰が痛くなり困ってしまいます。引っ越しのアルバイトでタンスを4人で持ち運びした時に腰を痛めました。その時にキチンと病院に行くなり治療すれば良かったと後悔しています。その時は湿布貼って痛みが治まっただけでまた重いものを持ち運びしてしまっていました

17.梱包の簡単な助手

私は女性なので小物の梱包や部屋に散らばったゴミの処理やリーダーの梱包の簡単な助手などをして、重いものを持ったり運んだりの作業が全く無かった事がよかったです。荷卸しの時は女性は何もしなくていいと言われて男性と同じ時給で働いていることに少し申し訳なさを感じていました。現場に行く前に梱包ようのクッション材に使う毛布を沢山運ぶんですが、少しアレルギー持ちなのでしばらくホコリで咳が止まらなかったのが唯一嫌な事でした。

引越しのアルバイトまとめ

引越しのアルバイトは時給が高かったり、お客様から差し入れをいただけたりとうれしいこともありますが、なんと言っても重い荷物運びで体力が必要なことと、お客様のものを傷つけないように気を使わなければならないことが大変そうですね。ですが仕事が終わった後の達成感も他の仕事と比べて大きいようなので、やってみる価値はありそうです。女性なら軽作業のみの仕事に応募してみると良いかもしれません。

新着エントリー

引越しの仕事のやり方は周りの人たちの動きを目で盗んで覚える
全ての引っ越し会社がそうとは限りませんが、実際に精神面・肉体面の両方においてハー...

引越しのアルバイトで荷物以上に辛かったトラック移動
引っ越しのアルバイトで何より辛いと思ったのがトラックでの移動です。わたしは首都圏...

ハウスダストアレルギー状態での引越しアルバイトは危険
ハウスダストアレルギーを持っていたことを忘れていました アルバイトを探す際に一番...